Amazonプライム利用時のfire活用法

最近は娯楽としての映像を見ることができるメディアはテレビの他にも様々あります。ネット経由で見ることのできるサービスはスマホやPCを利用して見ることができます。

ただ、リビングのテレビを利用してそれを楽しむことができるデバイスがあります。それがKindleFireTVです。

fireにできることは?

KindleFireTV(以下Fire)で出来ることは、音楽を聞くこと、ゲームをプレイすること、ブラウザを使ってネットサーフィンを楽しむこと。様々ありますが、メインは動画を見ることです。

使い方は簡単です。どのように簡単かというと、パッケージを開けたあとに、TVにFireを挿入するだけですべての設定を自動で行ってくれます。実際には手順に従ってすべて設定を行っていくわけですが、僕は機械に疎く、その文章の意味が理解できませんでした。しかし、「はい」「いいえ」を選ぶだけで設定は完了します。

今後のもfireでyoutubeが見れる?

[5日 ロイター] – 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは5日、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>がグーグル製ハードウエアを販売していないと批判し、傘下の「ユーチューブ」の動画がアマゾン製機器から利用できないようブロックすると明らかにした。

引用 アマゾンでYouTubeが見られなくなる事情 東洋経済オンライン

さて、動画を見るといえば、有料のストリーミングサービスに登録している人以外は主にYoutubeを利用すると思います。
しかし、2018年1月1日以降、FireでYoutubeを見ることはできなくなります。しかし、このようなニュースの見出しなどには語弊があって、正確には「FireでYoutube’アプリ’の利用ができなくなる」ということです。では、「FireでYoutubeを見ることができる」ということでしょうか?その通りです。普通のパソコンと同じように、FireFoxや、Silkというブラウザを経由すればYoutubeを見ることはできます。

プライム利用時の私のfireの使い方!

私はFireを二台使っています。旧式から最新式に買い換えてもずっとFireを使っている理由は「ネットの動画ストリーミングサービスを利用するのであれば、Fire1台あれば十分だから」これが答えです。動画を見るときはソファかベッドの上から見るのが普通です。なぜなら動画鑑賞はゆったりした空間で楽しみたいからです。PCデスクで見るのはまるでネット喫茶にいるようで落ち着きません。

Fireは起動に数秒しか掛かりません。仕事から帰ってシャワーを浴び、一通りの家事を済ませたらソファに座ってテレビの電源ボタンとFireのリモコンの好きなボタンを押せばすぐに動画を見る準備は完了します。
そのあとはAmazonPrimeビデオのコンテンツを楽しんでいます。僕の好きな洋画をHD画質で快適に見ることができています。

まとめ

Fireはなんでもできる道具ではありません。自分の使いたいコンテンツを最小限の設備で見ることができる便利な道具です。

例えるならば、今までは徒歩1分のコンビニに行くために車に乗り、町中を暖機運転してから駐車場に車を停めてジュース1本を買いに行っていました。しかし、Fireを使えば100円玉を二枚握って軽く上着を羽織って走ってコンビニに行くことができます。コンビニでジュース一本買うための労力は、それなりの労力で十分なのです。なぜなら時間も手間も惜しい忙しい世の中だからです。その点でFireはとても便利な道具といえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です